empl-top-img

先輩社員
インタビュー

Interview

グローバルで風通しの良い雰囲気
先輩社員のサポートも充実

# SUPPLY CHAIN #在庫管理 # GLOBAL

オクサリスケミカルズ 供給企画部

鷲山 由莉

外国語学部 英語英文学科卒業

2020年 新卒入社

休日の過ごし方・趣味

食べること、ゲーム、映画鑑賞

上野グループへの入社理由を教えてください

学生時代に留学経験があったため、その経験を活かせるよう海外の方と関わることのできる仕事であることと、長く働くうえで職場の雰囲気は大切だと思っていたので、意見を言いやすい風通しの良い職場であることを特に重要な軸として就職活動をしていました。
私がオクサリスケミカルズを選んだ理由は、社員の雰囲気がとても良かったからです。特に人事の採用担当の人たちと多くやり取りをしましたが、内定をもらった際には再度面談の場を設けてもらい、入社に対する不安等の相談に乗ってくれたことがとても印象的でした。入社してみると、面白い人、フランクな人が多く、先輩が丁寧に仕事を教えてくれます。外国籍の社員もおり、英語が飛び交うグローバルな雰囲気の働きやすい職場だと思います。

interview-img

担当している仕事について教えてください

入社から9月迄の6ヶ月間はカスタマーサービス部に配属され、オーダーの受注業務を担当していました。2020年10月からは現在の所属部署である供給企画部に異動となり、担当商品の在庫管理をしています。毎月営業から向こう5か月分の販売予測を貰い、それを元に在庫品の入庫プランを立てることが主な仕事です。供給企画部5名で営業3部署の担当を持ち、会社で所有する倉庫に貯蔵している商品の在庫をモニタリングしています。在庫がストックアウトにならないように、発注時期・量の判断をします。特に今はコロナ禍で船舶は1.5か月で届くものが、2倍時間がかかって希望通りに届かないということもあります。ストックアウトギリギリの緊急時は、最終手段として飛行機を使うこともありますが、出来る限り余計な費用はかけないよう、多すぎず少なすぎずの絶妙な量での在庫管理が求められます。在庫管理は収益に大きく影響するため、適正な在庫となるよう、営業と情報共有し、世界情勢、サプライヤーの状況もみながら慎重に判断しています。

interview-img

今の仕事についてのやりがいやエピソードを教えてください

必ずしも入庫したい時に合わせて商品が出てくるとは限りません。サプライヤーの生産状況や船のシッピングの状況によって遅れたり早まったりするので、常にそれらのモニタリングや分析をし、状況に合わせた発注対応をすることで在庫保つことができた時にやりがいを感じます。
過剰在庫化していた商品を適正在庫数量に近づけるように、販売実績と先々の販売予測から適切な入庫タイミングと入庫数量を見直していたときの話です。販売数量に対して入庫数量が多いと過剰在庫化してしまうので、他の商品と混載で発注する事で入庫数量を減らして少しでも在庫数量が跳ね上がらないようにコントロールをしました。そのような改善をしたことで、過剰在庫になっていたものが適正在庫数量に近づいていっているのを実感した時は、とても嬉しかったです。

仕事をするうえで学んだこと・大切にしていることを教えてください

報連相の大切さです。自分の中ではたいした問題ではなさそうに思えるようなことでも実は大変な問題に繋がる場合があります。特に私は周りに比べて経験が浅く視野も広くないので、問題の重要性を自分だけで判断せず、こまめに報連相するようにしています。また、上司に相談したことで自分では考えつかないようなアドバイスを貰うことがあり、そういう時に改めて報連相の大切さを実感します。

interview-img

もっと先輩社員の
インタビューを見る

top-back