empl-top-img

先輩社員
インタビュー

Interview

物流の現場を理解し寄り添う
長い歴史がありながら新しい社会の流れにも柔軟に対応

#社船サポート #安全運航

上野トランステック 海務部

中村 菜帆

文学部 日本語日本文学科卒業

2019年 新卒入社

休日の過ごし方・趣味

手芸や工作、釣り、ドライブ

上野グループへの入社理由を教えてください

大学生の頃から、ものを運ぶ仕事はこれからもずっと世界からなくならないと思い、物流業界で働きたいと考えていました。そして船が好きだったことから海運業界を目指すようになり、就職活動中に様々な海運会社の説明会に参加しました。その中でも、オフィスで働く人が実際の物流現場を理解し寄り添っているなと伝わる企業には特に魅力を感じたことを覚えています。上野グループは、長い歴史を持ちつつ、新しい社会の流れにも柔軟に対応していけるところが大きな魅力だと思います。また、海上・陸上物流にとどまらず貯蔵や新エネルギー事業など、グループで様々な分野に挑戦している会社なので、石油需要が少なくなっても別の活路を見出せるであろうと感じました。

interview-img

担当している仕事について教えてください

入社後すぐに、船舶代理店業務を行う四日市のグループ会社で1年間勤務しました。日々たくさんの船の荷役現場に立ち会ったことは、一般大学を卒業した私にとって船の現場を知り、実際に経験する貴重な機会でした。その後、東京本社では環境安全部に配属された後、海務部へ異動になりました。
海務部の仕事は社船(当社が資産として保有する船舶)の適正な運航を行うことを目的としており、大きくは船員管理業務と契約・申請業務に分けられます。船員管理業務では船員の採用や給与計算、乗船/休暇スケジュール管理などの業務を行います。契約・申請業務では、社船の船体保険契約や船主様(船舶を所有している会社)との傭船契約のほか、定められたルールに従って安全運航するための届出・申請業務を行っています。私は主に契約・申請業務に加え、当社からの支払処理業務を行っています。全ての請求書を処理し終わった時には毎月達成感があります。社船のサポート業務を広く行う海務部では、四日市や環境安全部での経験が活きていると感じることも多いです。

interview-img

今の仕事についてのやりがいやエピソードを教えてください

私は社会人になる前、「会社というものは堅い雰囲気で仕事をするところで新人のうちは毎日辛いんだろうな」と漠然としたイメージを持っていました。しかし入社してみるとそんなことはなく、朗らかな雰囲気の職場で優しい先輩・上司が日々の業務を教えてくれました。
また私の行う業務では、船の運航に必要な申請や許可取得を行ったり、社員が仕事をするために必要な環境を整えたりと、会社全体の業務が円滑に進むように準備をすることが最大の目的だと思っています。船の運航や社員の方々の業務が何事もなく回っているとほっとすると同時に、きちんと業務を全うできたという達成感があります。

仕事をするうえで学んだこと・大切にしていることを教えてください

「自分が行う業務の前後に関わる人のことを知る」ということを大切にしています。
私が行っている業務が次に誰の手に渡ってどんなことに使われるのかを知っていると、それを見越して業務にあたることができるため、その人が作業しやすいようにプラスの気遣いができます。反対に私が業務の中でで「やりにくい」と感じていることがあったときには、私の前に業務に関わっている人に相談することで、工夫してもらうこともあります。

interview-img

もっと先輩社員の
インタビューを見る

top-back