empl-top-img

先輩社員
インタビュー

Interview

毎日異なる業務との出会い
相手の立場に立った仕事にやりがい

#新規事業 #先進船舶

上野トランステック 戦略推進部

齋藤 貴子

海洋生命科学部 海洋生命科学科卒業

2018年 中途入社

休日の過ごし方・趣味

サッカー観戦

担当している仕事について教えてください

2018年に新設された、上野トランステックの新規事業の立案を担う戦略推進部に所属しています。
新しい取組みを事業化・収益化するまでの業務を行っており、いわば新規事業立ち上げのための何でも屋さんです。
戦略推進部では上野トランステックを始めとして、グループ全体の様々な新規案件に取り組んでおり、ひとつの案件の中でそれぞれ満遍なく担当業務が分かれる場合と、ひとつの案件に対して一人がメイン担当として深く携わる場合があります。
私は現在、主に新規案件の入札及び立案を行うために必要な資料の作成等を行っています。
新規案件の入札は、海運のみならず幅広い業界の案件も検討しますので、その業界の商習慣等をチームで調査したり、当社の概要や強み、取組みについて知ってもらうための資料を作成することもあります。特に他の業界・業種の方向けの資料は「分かりやすさ」が重要で、大変なところです。
他の部署の仕事に比べてルーティン業務というものが少ないため、全ての仕事が自分にとって新しく、そこに面白さを感じています。
他の部署から異動してくる人から見ると全く違う会社の仕事のように思うようです。

interview-img

今の仕事についてのやりがいやエピソードを教えてください

複数社とのジョイントベンチャーの設立を経験しました。会社名を決めるところから事業立ち上げに向けた会議の運営、事業に関する庶務、資金調達、事業計画書の作成、船舶建造にあたっての船舶登記登録委託、ホームページ立ち上げ、進水式手配、同社取締役会の運営など、担当する業務は幅広く、まさに何でも屋さんです。
何かを決める時は「こういった理由でこの判断にしたい」という自分の考えを上司に示し、他の事業者との段取り・調整をきちんとすることで、仕事を進めています。

仕事をするうえで学んだこと・大切にしていることを教えてください

社会人に求められる基礎的なビジネスマナーやビジネスマインドの他に、特に大切だと思っているのは、「自分の勘」を見逃さないことです。
何か嫌な予感や違和感があったら、放りっぱなしにせず、その違和感がどこから起こるのかを突きつめて解決するようにしています。事業計画書や関連資料を作成していて、どんなに些細なことでも「あれ?」と自分で思ったものは、あとで他から必ず指摘を受け、差し戻されます。「これは指摘が入るだろうな」「これだと伝わりづらくて問い合わせが来るだろうな」というところは、見直し訂正するなどして先手を打つようにしています。
ます。「これは指摘が入るだろうな」「これだと伝わりづらくて問い合わせが来るだろうな」というところは、見直し訂正するなどして先手を打つようにしています。

interview-img

もっと先輩社員の
インタビューを見る

top-back